クリエイターズ・ファクトリー

クリエイターズ・ファクトリーとは

第5回沖縄国際映画祭より新たに創設された「クリエイターズ・ファクトリー」は、映像文化における“次世代を担う人材、才能”を発掘する公募型のプロジェクトでした。
「京都国際映画祭」では、それをさらに発展させ、映像分野だけではなく、アートの分野からも幅広いジャンルのクリエイターの皆様の参加を募ることになりました。本プロジェクトの実施を通して、映像、音楽、絵画、写真、アニメ、CG、ファッション、工芸など様々なジャンルのクリエイターが表現できる場を作り才能あるクリエイターの発掘、育成を目指し、世界に発信していきたいと思っております。
映像以外のアート作品としては、絵画、工芸、写真、立体造形など多岐に亘るジャンルが応募対象となります。また、子どもたちの自由な発想から生まれるアートを対象とした「子ども部門」も引き続き募集いたします。
全応募者を対象に予備審査選考が行われ、映画部門の審査通過作品は京都国際映画祭での上映を、またアート部門・子ども部門の審査通過者作品は展示・配信をそれぞれ行います。

クリエイターズ・ファクトリー 2020応募概要

応募概要

エンターテインメント映像部門 募集要項

概要
「エンターテインメント映像部門」は、劇映画、時代劇、アニメ、MV等、ジャンルは問わず、上映時間60分以内の作品で、今後映像業界および商業作品での活躍を強く希望されている方の映画・映像作品を募集します。
ご応募いただいた作品の中から、映画祭期間中(2020年10月15日~18日)に配信する受賞候補作品を事前に選考し、候補作品は映画祭の期間中に配信いたします。
上映された作品の中から優秀賞、最優秀賞(グランプリ)を選出。グランプリに輝いた方には、賞金100万円および商業映画やドラマ、アニメ製作など、プロの現場での活動をバックアップいたします。
受賞特典

エンターテインメント映像部門 最優秀賞1名 - 賞金100万円

応募要項
  1. 国内外で映像制作に関わる全ての個人、グループによるエンターテインメントを追求した作品
  2. 応募時に完成している映像作品(60分以内)をDVDまたはデジタルデータアップロードにて提出出来る方
  3. また、今後映像業界および商業作品での活躍を強く希望されている方
  4. 3年以内(2017年8月以降)に制作された作品
  5. 1人1作品のみで、他の映画祭への出品、受賞作も応募可能
  6. 1次審査通過者は、30秒以内の予告編を提出
出展品目
①応募時に完成している作品で、デジタルデータあるいはDVDのどちらかで作品を提出出来る事。
②Blu-ray Discで上映素材を用意出来る事。
応募方法
  1. 映画・映像作品の応募 1次審査の応募は映像のデジタルデータアップロード、あるいはDVDを発送する。
    下記いずれかの方法で応募してください。

    ■動画共有サービスによる応募
    YouTubeなどの動画共有サービスで限定公開設定をしたURLを送付する。
    デジタルデータの送信先:creators_factory@yoshimoto.co.jp

    ■オンラインストレージサービスによる応募
    オンラインストレージに映像ファイルをアップロードしてURLを送付する。ファイルの形式はMP4などの圧縮された映像データを、20日以上保持できるオンラインストレージサービスにアップロードしてURLを送付する。
    デジタルデータの送信先:creators_factory@yoshimoto.co.jp

    ■DVDによる応募
    データDVD、あるいはビデオDVDのディスクを発送する。応募したDVDの返却はいたしません。
    いずれの応募の際も、必要事項を記入した応募用紙(エントリーフォーム)と資料(作品概要と解説)を添付する。
  2. 応募書類の送付先・送料について 〒160-0022 東京都新宿区新宿五丁目18番21号
    吉本興業株式会社
    京都国際映画祭 実行委員会「クリエイターズ・ファクトリー エンターテインメント映像部門」
    ※応募作品DVDの事務局までの送料や、デジタルデータ作成等にかかる費用は応募者の負担とする。
  3. 上映・展示作品や応募資料が到着するまでの間における紛失、破損等の事故に関して主催者は一切の責任を負いません。
  4. 主催者は応募者の同意を得た上で、作品写真、データ及び広報素材を、テレビ・新聞・雑誌・インターネット等で映画祭広報活動として使用する場合があります。
  5. 政治・宗教・営利活動に関するもの、及び公序良俗に反する作品はお断りいたします。
募集期間
2020年8月21日(金) 〜 9月30日(水) ※必着
日程・上映
映画・映像作品 上映日程: 2020年10月15日(木)~10月18日(日)
※期間中いずれかの日時
上映方法: オンラインチケットよしもとを通じてストリーミング配信を予定 料金: 無料
※日時を限定しての配信予定です。詳しくは追って当ホームページにてお知らせいたします。
審査結果
予備審査後、出展決定者への連絡をもって結果通知とさせていただきます。
上映素材や作品等の輸送費用及び保険料等は、出展者の負担とします。
映画祭にて配信を行う映画・映像作品に関して、主催者が英語字幕を入れて配信する場合がございます。
審査員
春日太一(映画史研究家)
天明晃太郎(放送作家)
松崎健夫(映画評論家)
古賀俊輔(映像プロデューサー/株式会社ザフール 代表取締役)
上木則安(株式会社ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント インターナショナルプロダクションズ)
トミヤマユキコ(ライター・東北芸術工科大学芸術学部講師)
武田梨奈(女優)
応募規約
  • 第1条(目的)
    1.この応募規約(以下、「本規約」といいます。)は、京都国際映画祭実行委員会が主催し、吉本興業株式会社(以下、「当社」といいます。)が運営する「クリエイターズ・ファクトリー エンターテインメント映像部門」(以下、「本企画」といいます。)の応募条件を定めるものです。本企画に作品(以下、「応募作品」といいます。)を応募される方(以下、「応募者」といいます。)は、必ず本規約を確認のうえ、同意していただく必要があります。
    2.応募者は、本企画への作品の応募を行った時点で本規約に同意いただいたものとみなします。

    第2条(応募資格)
    1.本企画への応募資格は以下のとおりとします。なお、応募者のうち、未成年の方については、応募にあたり、親権者の同意が必要となります。
    (1) 国内外で映像制作に関わる全ての個人、グループ
    2.応募者は、家族、友人、同僚、学校等の団体(2名以上の複数の者)であることを妨げないものとします。但し、団体が応募するにあたっては、あらかじめその代表者を定めるものとし、代表者は、団体の構成員全員の同意(本規約及び募集要項への同意を含みます。)を得たうえで、応募を行うものとします。
    3.当社は、応募者が団体であるときは、原則として代表者とのみ各種連絡を行うものとします。また、本規約に基づく応募者としての地位並びに応募者及び入賞者の権利は団体に帰属するものとし、当社は、団体の構成員間に生じた一切の紛争(費用の負担割合、入賞特典の分配方法を含みますが、これらに限られません)に関知せず、何らの責任をも負わないものとします。

    第3条(応募作品)
    応募作品は次の各号に定めるすべての条件を満たさなければならないものとします。
    (1) 公式サイトに掲出される本企画の企画意図に沿った作品であること。
    (2) 第三者の著作物又は実演を無断で利用したものではないこと(原作、脚本がある場合には、これらの著作権者から応募者が映像化及び第8条に定める利用の許諾を得ている必要があります)。
    (3) 第三者の商標権、著作権、その他の知的財産権又は肖像権、パブリシティー権、プライバシー権その他の人格権を侵害するものでなく、第8条に定める応募作品の利用に支障がないこと。
    (4) 第三者を侮辱し、誹謗中傷し、又はその名誉を毀損する内容ではないこと。
    (5) 児童ポルノ、わいせつ表現、薬物濫用その他公序良俗に反する内容でないこと。
    (6) 当社又は本企画に対する社会的信用又はイメージを貶める内容ではないこと。
    (7) その他、本規約又は当社が定める募集要項に違反する内容ではないこと。

    第4条(応募方法)
    1.応募者は、本企画の公式サイトに掲出される応募方法に従って応募作品を応募するものとします。
    2.応募に際し、応募者に費用は発生いたしませんが、応募にかかる郵送費・メディア代・通信費・データ通信費等は応募者の負担となります。

    第5条(応募者資格の取消し)
    応募者が以下の項目に該当する場合、当社は事前に予告することなく、直ちに応募者資格を取り消すことができるものとします。
    (1) 当社への申告、届出内容に虚偽があった場合
    (2) 手段の如何を問わず、本企画の運営を妨害した場合
    (3) 本規約あるいは追加規定等に違反した場合
    (4) その他、当社が応募者として不適切と判断した場合

    第6条(通知)
    1.当社からの通知は、本規約に別段の定めのある場合を除き、電子メール、本企画公式サイト上の一般掲示、その他当社が適当と認める方法により行われるものとします。
    2.前項の通知が電子メールで行われる場合、応募者の電子メールアドレス宛てに発信し、電子メールアドレスを保有するサーバーに到着したことをもって通知が完了したものとみなします。応募者は、当社が電子メールで発信した通知を遅滞なく閲覧する義務を負うものとします。
    3.本条第1項の通知が当サイト上の一般掲示で行われる場合、当該通知が当サイト上に掲示され、当サイトにアクセスすれば、当該通知を閲覧するときをもって通知が完了したものとみなします。

    第7条(本企画の変更等について)
    1.本企画の内容は、当社の裁量により変更することができるものとします。
    2.本企画の内容に変更がある場合、速やかに応募者に対して通知いたします。

    第8条(応募作品の利用)
    当社または当社の指定する第三者は、本企画に応募された応募作品を、以下の態様により利用することができるものとします。この場合、当社において応募作品の一部を変更又は改変して利用(英字幕作成及び付与を含みます)する場合がありますが、応募者に著作者人格権の行使は認められないものとします。
    (1) 京都国際映画祭(本映画祭)における無料配信(配信媒体、配信日程等の詳細は別途募集要項等に記載)
    (2) 本映画祭及び本企画の宣伝広報活動の目的での応募作品の全て又は一部分を使用したプロモーション素材の作成及び当該素材のテレビ放送、インターネット配信、印刷媒体等における利用
    (3) その他、事前に応募者の許諾を得た利用

    第9条(個人情報の利用と管理)
    当社は、応募者の個人情報を別途定める「個人情報の取扱い」に基づき利用するものとします。

    第10条(禁止事項)
    1.応募者は本企画への参加にあたって、以下の行為を行ってはならないものとします。
    ① 他の応募者、第三者、もしくは当社の財産権、プライバシー、人格権その他の権利を侵害する行為、または侵害するおそれのある行為
    ② 公序良俗に反する行為、またはそのおそれのある行為、もしくは公序良俗に反する情報を他の応募者または第三者に提供する行為
    ③ 違法行為、コンプライアンス違反、反社会的行為等またはそのおそれのある行為
    ④ 選挙活動、またはこれに類する行為、その他政治及び宗教に関する行為
    ⑤ 本企画の運営を妨げる行為、誹謗する行為
    ⑥ その他、当社が不適切と判断する行為。
    2.応募者は、一般に公開されていない本企画に関する内容等に関する情報、並びに当社及び当社と関係する会社の情報を、口頭、電子メール、SNS等の手段を問わず、一切、第三者に開示しないものとします。

    第11条(表明保証)
    応募者は、暴力団員、暴力団準構成員、暴力団関係企業、政治活動・宗教活動・社会運動標ぼうゴロ、特殊知能暴力集団・暴走族・半グレ等の反社会的勢力に該当しないこと、その他反社会的勢力と不適切な関係を有していないことを表明し保証します。

    第12条(中断、中止)
    1.当社は、以下の項目に該当する場合、本企画の全部または一部の運営を中断、中止できるものとします。
    ① 自然災害、感染症の拡大その他の非常事態が発生し、もしくは発生するおそれにより、本企画の運営が通常通り行えなくなった場合
    ② その他、当社が本企画の運営上、やむを得ず中断、中止が必要と判断した場合
    2.当社は、前項の規定により、本企画の中断、中止が必要と判断した場合、当社が適当と判断する方法で事前に応募者にその旨を通知するものとします。但し、緊急の場合や止むを得ない場合においてはこの限りではありません。

    第13条(管轄裁判所)
    1.本企画に関連して、応募者と当社との間で紛争が生じた場合には、誠意をもって協議するものとします。
    2.協議をしても解決しない場合には、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

    2020年8月21日 制定

アート部門/子ども部門

出展形式
「アート部門」については、絵画や立体造形、映像作品も含む様々なジャンルのアーティストによる応募が可能です。また、15歳以下の子どもたちの自由な発想から生まれた作品を対象とする「子ども部門」におきましても、絵画作品、立体作品ともに幅広く募集いたします。
応募作品について予備審査を行い、通過した作品を本映画祭アート会場にて展示・配信し、審査員が審査。
展示作品の中からクリエイターズ・ファクトリー優秀賞を選出します。
受賞特典
それぞれ下記の受賞特典を設けます。

アート部門優秀賞 賞金50万円

子ども部門優秀賞 賞品
子ども部門予備審査通過者参加賞 記念品

出展資格
  1. アート部門
    国内外で創作活動(絵画、工芸、写真、立体造形、映像、その他アート作品)を行う全ての個人、グループ
  2. 子ども部門
    中学生以下(15歳以下)の創作活動を行う全ての個人、グループ
出展品目
  1. 1出展者につき、1作品の応募・上映・出展となります。
  2. 絵画・工芸・写真・立体造形など、その他アート作品について、作品サイズ規定として「平面120×120cm・立体d100×w100×h120cm」以内の作品でご応募ください。
    ※画用紙に描いた小学生や幼稚園のお子様の絵なども「子ども部門」の出品対象となります。ぜひご応募ください。
応募方法
  1. 絵画・工芸・写真・立体造形など・その他アート作品、子ども部門作品の応募 作品写真を送付してご応募ください。原則として応募書類は返却しません。
    応募には、必要事項を記入した応募用紙と出展作品を撮影した写真を同封の上 、下記「応募書類の送付先」の住所までお送りいただくか、送信先アドレスにメールにてお送りください。
    ※応募作品を撮影した写真をご送付ください。作品原物は送付されても受領することはできず、損傷、紛失など作品に生じる一切の責任は負いかねますので、絶対に送らないようお願い申し上げます。
    ※アート展示作品は会場に直接輸送いただくことも可能ですが、搬入出日程当日、ご自身にて作品の設置撤去等が可能な方のみご応募ください。
  2. 応募書類の送付先 ■郵送による応募
    〒160-0022 東京都新宿区新宿五丁目18番21号
    吉本興業株式会社 コンテンツ事業本部 アート事業センター内
    京都国際映画祭 実行委員会「クリエイターズ・ファクトリー ●●部門」
    ※●●には「アート」「子ども」のいずれかをご記入ください。

    ■メールによる応募
    件名を「クリエイターズ・ファクトリー ●●部門」とした上で、下記送信先宛に応募用紙と作品写真を添付の上お送りください。
    ※●●には「アート」「子ども」のいずれかをご記入ください。
    送信先:creators_factory@yoshimoto.co.jp

  3. 上映・展示作品や応募資料が到着するまでの間における紛失、破損等の事故に関して、主催者は一切の責任を負いません。
  4. 主催者は応募者の同意を得た上で、作品写真、データ及び広報素材を、テレビ・新聞・雑誌・インターネット等で映画祭広報活動として使用する場合があります。
  5. 政治・宗教・営利活動に関するもの、及び公序良俗に反する作品はお断りいたします。
募集期間
2020年8月21日(金) 〜 9月30日(水) ※必着
会場/日程
絵画・工芸・写真・立体造形など、その他アート作品、子ども部門作品 配信日程: 2020年10月15日(木)~10月18日(日) 搬入出日程: 搬入設置(予定)
10月13日(火),14日(水)
搬出撤去(予定)
10月18日(日),10月19日(月)
※詳細時間は予備審査通過者に追ってお知らせいたします。
※アート展示作品は会場に直接輸送いただくことも可能ですが、当日ご自身にて作品の設置撤去等が可能な方のみご応募ください。
※設置撤去の際には感染防止対策のため、マスクの着用、ソーシャルディスタンスの確保を原則とし、37.5°C以上の発熱や体調不良の場合は会場への入場をお断りさせていただきます。
※展示された作品の様子は京都国際映画祭オフィシャルサイト内にて画像掲載、映像配信を予定しています。詳細は決定次第HP内にてお知らせいたします。
審査結果
予備審査後、出展決定者への連絡をもって結果通知とさせていただきます。
上映素材や作品等の輸送費用及び保険料等は、出展者の負担とします。
映画祭にて上映を行う映画・映像作品に関して、主催者が英語字幕を入れて上映する場合がございます。
審査員(予定/五十音順)
玉置泰紀(株式会社KADOKAWA 2021年室エグゼクティブプロデューサー担当部長/京都市埋蔵文化財研究所理事)
山本太郎(ニッポン画家・京都芸術大学准教授)
おかけんた(芸人/京都国際映画祭アートプランナー)
通知
予備審査を通過し、展示に進んだ作品の中から優秀賞に選出された作品の制作者の方には、下記の日時に直接お電話にてご連絡いたします。
2020年10月17日(土) 12:00以降
優秀賞に選出された場合、翌日10月18日(日)に開催予定の「クリエイターズ・ファクトリー授賞式」(2020年度はオンライン配信を予定)のご案内をいたします。
応募規約
  • 第1条(目的)
    1.この応募規約(以下、「本規約」といいます。)は、京都国際映画祭実行委員会が主催し、吉本興業株式会社(以下、「当社」といいます。)が運営する「京都国際映画祭2020 クリエイターズ・ファクトリー アート部門/子ども部門」(以下、「本企画」といいます。)の応募条件を定めるものです。本企画に作品(以下、「応募作品」といいます。)を応募される方(以下、「応募者」といいます。)は、必ず本規約を確認のうえ、同意していただく必要があります。
    2.応募者は、本企画への作品の応募を行った時点で本規約に同意いただいたものとみなします。

    第2条(応募資格)
    1.本企画への応募資格は以下のとおりとします。なお、応募者のうち、未成年の方については、応募にあたり、親権者の同意が必要となります。
    ○アート部門
    国内外で創作活動(絵画、工芸、写真、立体造形、映像、その他アート作品)を行う全ての個人、グループ。
    ○子ども部門
    中学生以下(15歳以下)の創作活動を行う全ての個人、グループ。
    2.応募者は、家族、友人、同僚、学校等の団体(2名以上の複数の者)であることを妨げないものとします。但し、団体が応募するにあたっては、あらかじめその代表者を定めるものとし、代表者は、団体の構成員全員の同意(本規約及び募集要項への同意を含みます。)を得たうえで、応募を行うものとします。
    3.当社は、応募者が団体であるときは、原則として代表者とのみ各種連絡を行うものとします。また、本規約に基づく応募者としての地位並びに応募者及び入賞者の権利は団体に帰属するものとし、当社は、団体の構成員間に生じた一切の紛争(費用の負担割合、入賞特典の分配方法を含みますが、これらに限られません)に関知せず、何らの責任をも負わないものとします。

    第3条(応募作品)
    応募作品は次の各号に定めるすべての条件を満たさなければならないものとします。
    (1) 公式サイトに掲出される本企画の企画意図に沿った作品であること。
    (2) 第三者の著作物又は実演を無断で利用したものではないこと。
    (3) 第三者の商標権、著作権、その他の知的財産権又は肖像権、パブリシティー権、プライバシー権その他の人格権を侵害するものでなく、第8条に定める応募作品の利用に支障がないこと。
    (4) 第三者を侮辱し、誹謗中傷し、又はその名誉を毀損する内容ではないこと。
    (5) 児童ポルノ、わいせつ表現、薬物濫用その他公序良俗に反する内容でないこと。
    (6) 当社又は本企画に対する社会的信用又はイメージを貶める内容ではないこと。
    (7) その他、本規約又は当社が定める募集要項に違反する内容ではないこと。

    第4条(応募方法)
    1.応募者は、本企画の公式サイトに掲出される応募方法に従って応募作品を応募するものとします。
    2.応募に際し、応募者に費用は発生いたしませんが、応募にかかる通信費・データ通信費等は応募者の負担となります。

    第5条(応募者資格の取消し)
    応募者が以下の項目に該当する場合、当社は事前に予告することなく、直ちに応募者資格を取り消すことができるものとします。
    ① 当社への申告、届出内容に虚偽があった場合
    ② 手段の如何を問わず、本企画の運営を妨害した場合
    ③ 本規約あるいは追加規定等に違反した場合
    ④ その他、当社が応募者として不適切と判断した場合

    第6条(通知)
    1.当社からの通知は、本規約に別段の定めのある場合を除き、電子メール、本企画公式サイト上の一般掲示、その他当社が適当と認める方法により行われるものとします。
    2.前項の通知が電子メールで行われる場合、応募者の電子メールアドレス宛てに発信し、電子メールアドレスを保有するサーバーに到着したことをもって通知が完了したものとみなします。応募者は、当社が電子メールで発信した通知を遅滞なく閲覧する義務を負うものとします。
    3.本条第1項の通知が当サイト上の一般掲示で行われる場合、当該通知が当サイト上に掲示され、当サイトにアクセスすれば、当該通知を閲覧するときをもって通知が完了したものとみなします。
    4.応募者は、出品決定の通知を受けた後、本映画祭における出品を取り消すことはできません。

    第7条(本企画の変更等について)
    1.本企画の内容は、当社の裁量により変更することができるものとします。
    2.本企画の内容に変更がある場合、速やかに応募者に対して通知いたします。

    第8条(応募作品の利用)
    1.当社または当社の指定する第三者は、本企画に応募された応募作品を、自らが主催するイベントにおいて展示する他、応募作品を撮影し、その映像を当該イベントのプロモーション等の目的で、上映、放送、インターネット送信、ビデオグラム化その他のあらゆる態様により自由に利用できるものとします。
    この場合、当社において応募作品の一部を変更又は改変して利用する場合がありますが、応募者に著作者人格権の行使は認められないものとします。
    2.出品決定した後、第三者(例:新たに展示、上映等が決まった場合など)が、応募作品の利害関係者となった場合においても、かかる第三者は本規約の内容を争えないものとします。

    第9条(個人情報の利用と管理)
    当社は、応募者の個人情報を別途定める「個人情報の取扱い」に基づき利用するものとします。

    第10条(禁止事項)
    1.応募者は本企画への参加にあたって、以下の行為を行ってはならないものとします。
    ① 他の応募者、第三者、もしくは当社の財産権、プライバシー、人格権その他の権利を侵害する行為、または侵害するおそれのある行為
    ② 公序良俗に反する行為、またはそのおそれのある行為、もしくは公序良俗に反する情報を他の応募者または第三者に提供する行為
    ③ 違法行為、コンプライアンス違反、反社会的行為等またはそのおそれのある行為
    ④ 選挙活動、またはこれに類する行為、その他政治及び宗教に関する行為
    ⑤ 本企画の運営を妨げる行為、誹謗する行為
    ⑥ その他、当社が不適切と判断する行為。
    2.応募者は、一般に公開されていない本企画に関する内容等に関する情報、並びに当社及び当社と関係する会社の情報を、口頭、電子メール、SNS等の手段を問わず、一切、第三者に開示しないものとします。

    第11条(表明保証)
    応募者は、暴力団員、暴力団準構成員、暴力団関係企業、政治活動・宗教活動・社会運動標ぼうゴロ、特殊知能暴力集団・暴走族・半グレ等の反社会的勢力に該当しないこと、その他反社会的勢力と不適切な関係を有していないことを表明し保証します。

    第12条(中断、中止)
    1.当社は、以下の項目に該当する場合、本企画の全部または一部の運営を中断、中止できるものとします。
    ① 自然災害、感染症の拡大その他の非常事態が発生し、もしくは発生するおそれにより、本企画の運営が通常通り行えなくなった場合
    ② その他、当社が本企画の運営上、やむを得ず中断、中止が必要と判断した場合
    2.当社は、前項の規定により、本企画の中断、中止が必要と判断した場合、当社が適当と判断する方法で事前に応募者にその旨を通知するものとします。但し、緊急の場合や止むを得ない場合においてはこの限りではありません。

    第13条(管轄裁判所)
    1.本企画に関連して、応募者と当社との間で紛争が生じた場合には、誠意をもって協議するものとします。
    2.協議をしても解決しない場合には、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

    2020年8月1日 制定
①プライバシーポリシー
当社吉本興業株式会社は、取得する個人情報の取り扱いについて、当社グループプライバシーポリシーに従い、適切に取得・利用・保管いたします。個人情報に関するお問い合わせ窓口は、プライバシーポリシーをご参照ください。
http://www.yoshimoto.co.jp/corp/privacy.html
②利用目的
ご記入いただく個人情報は、応募者へのご連絡のために利用し、それ以外の目的で利用いたしません。
ご記入いただいた個人情報は、当社グループ会社である株式会社きょうのよしもとと上記利用目的の範囲内で共同で利用いたします。
③第三者提供
お預かりした個人情報は、お客様の事前の同意を得た場合を除いて、第三者に提供することはございません(個人情報保護法23条で定められた場合を除く)。
④個人情報の管理
お預かりした個人情報は適切かつ安全な管理を行い、利用目的達成に必要な期間が経過したものにつきましては、適切な方法で速やかに廃棄いたします。
⑤個人情報の取り扱いに関するお問合せ先
〒160-0022 東京都新宿区新宿5丁目18番21号
吉本興業株式会社 法務本部 吉本興業グループ個人情報問合せ窓口
メールアドレス privacy@yoshimoto.co.jp